ゲームマスターの準備期間
タクティクスタディオンを利用すれば個人がオンラインゲームのワールドを運営できますが、最初期にゲームマスターが誰も準備をしていない状態でプレイヤーが押しかけるかたちになっては"準備"が追いつきません。
ゲームマスターがタクティクスタディオンのゲームシステムに慣れていなければバランスを考えてクエストを作ったり、プレイヤーの要望に応じて様々な要素を調整することもできません。
そこで主にゲームマスターがプレイヤーよりも詳しくなるための先行期間として、8月31日までを"創"期リリース期間としています。
↑製品版には期間限定の素材が付属します。
はやめのワールドIDを決定を
プレイヤーがワールドへのアクセス設定を行なう際に指定する"ワールドID"の決定は重要です。初期状態では"WX〜"という形式ですが、製品登録後は"SampleWorld"といった自然な名前に変更できます。ワールドIDは他と重複しない唯一の名称となるので、早めに決めましょう。
↑ワールドIDは重複不可、つまり早い者勝ちです。
TrialWorld体験
"創"期リリース期間は体験用ワールド『TrialWorld』を運営中です。プリセットデータによる初歩のチュートリアルやソロで遊べるクエスト、闘技場のバトルを体験できます。
なお正式な稼働時間は朝11時〜夜11時としていますが、バージョンアップの反映など特別な理由がなければ、それ以外の時間も稼働しています。
↑特殊なギミックや演出の使用例を兼ねるバトルもあります。
期間内のユーザー登録に特典あり
"創"期リリース期間内にユーザー登録を行なうと"リワード"が付与され、キャラクターの初期CPが100増えるボーナスとファミリア最大数が+1になる特典を得られます。
自分が運営するワールドで遊んでもらいたい友人・知人に「特典があるから先にユーザー登録をしておくといいよ」と声をかけておきましょう。
↑ファミリアを1体多く雇用できることは大きな利点です。
[重要]誰に遊んでもらう?
ゲームマスターとしてワールドを運営する場合「誰に遊んでもらうか」を決めることも大切です。
タクティクスタディオンで運営するワールドは不特定多数のプレイヤーが遊ぶ「公共の場」にすることもできますが、将棋、麻雀、ボードゲームやテーブルトークRPGのように「仲間同士で集まったらちょっと遊ぼう」というスタイルにもできます。
学校や職場の親しいゲーム仲間か、兄弟姉妹や親戚か、TwitterなどSNSのフォロワーか、動画配信の視聴者か、あるいは匿名掲示板でプレイヤーを募るか……どのようなワールドするかの構想と合わせて考えてみてください。
ページの先頭へ戻る
Copyright (C) Masaki Nakagawa / Hitpoints